図書館でのICタグ活用法

ICタグは、小さくても非常にたくさんの情報量を管理することができる製品です。いくつかの種類があり、その中でも電池を搭載しないパッシブタグは様々な分野で活用が進んでいます。こちらでは、図書館でのICタグ活用法についてご紹介します。

図書館での活用法とは?

図書館での活用法とは?

近年、本1冊ずつにICタグを貼って図書ソフトで管理する図書館が増えています。ICタグに登録した登録番号情報をキーとしてデータベースと照合すると、棚の位置や利用状況、予約情報等が確認できます。また、データベースを活用して利用者に本の人気情報を発信したり、ブックリストを作成して書評を登録することも可能です。

ゲートとの連動で無人運用ができる

ICタグの活用により、積極的に自動貸出機を設置する図書館が増えています。自動貸出があれば、タッチパネルで簡単に貸出と返却の処理ができます。ICタグとゲートアンテナを導入することで、セルフサービス対応も可能となります。また、ゲートはネットワークカメラ、パトランプに連動できます。
ゲートと連動することで不正持出し防止となり、高額の資料が多い医療・看護系の専門書や文献など資産の管理にもつながります。ネットワークカメラと連動させることで、万が一不正持出しがあった場合でも、画像として残すことが可能です。
また、株式会社ソフテックの図書ソフトは蔵書の管理だけではなく、ICの利用者カードが活用できます。自動貸出の他にもタッチパネル対応セルフ貸出、ICタグ(RFID)対応など、利用者サービスと管理者の負担軽減に対応できるよう設計されています。図書ソフトの新規導入・他社からの乗りかえをご検討されていましたら、お気軽にご相談ください。

ICタグが活用できる図書ソフト・図書管理システムをお探しなら、株式会社ソフテックにお任せください。株式会社ソフテックは、多くの導入実績を持っており、優れた操作性と機能性で図書館業務をサポートいたします。また、購入後のサポートもしっかり行っておりますので、長く安心してお使いいただけます。N分類にも対応しておりますので、図書館だけでなく医療・看護系の専門書や文献などの管理にもご利用が可能です。図書管理で抱える課題解決に、お役立ていただければと思います。

図書館システム・蔵書検索サービスなら【株式会社ソフテック】 概要

名称 株式会社ソフテック
所在地 〒063-0823 北海道札幌市西区発寒3条6丁目10番25号 発寒3・6ビル 3F
電話番号 011-669-3007
FAX番号 011-669-3002
URL https://libmax.com
説明 図書館システム(図書ソフト)、蔵書検索システムなら【株式会社ソフテック】へ。図書館システム「LibMax」は、ICタグ・バーコードにも対応しており、ブックリスト作成など便利な機能を搭載しております。学校の図書館はもちろん、公民館の図書館や企業の資料室など、小規模図書室にもおすすめします。現在ご利用の図書館システムの保守費用が高額でお悩みの方や、更新のタイミングで変更をご検討されているならご相談ください。蔵書検索システムには、インターネット公開(Web公開)が可能なASPサービスもご用意しております。利用料金・価格など、ご不明な点はお気軽にお問合せください。

コンテンツ