製品案内 LibEYE [ライブアイ]

サーバーの管理・メンテナンス・保守は当社にお任せ。
ライブファインダーwebをASPサービスとしてご利用いただけるオンラインシステムです。

特 徴

LibEYEは、蔵書データをソフテックでお預かりし、OPACで公開するサービスです。

Lib Finder Webとの違いは、書誌データを公開するためのサーバーの管理・メンテナンス・保守をソフテックで行うことです。お客様でご用意いただくのは、パソコンとインターネットに接続できる環境のみです。
サーバー用のマシンを新たに用意する必要はないので、さらにお手軽に導入していただけます。


LibEYEのメリット

  • ASPを採用しているため、サーバーなどのハードウェアやソフトウェアを新たに購入する必要はありません。パソコンの専門的な知識をお持ちでなくても、すぐにLibEYEを導入できます。
  • ソフテックが用意するシステムを利用していただく契約になりますので、毎月9,500円(税別)〜の低料金でご利用になれます。
    ※導入時にはサービスをご利用になるための初期費用が必要になります。
  • お客様のパソコンに特別なソフトウェアをインストールする必要はありません。導入作業や費用を大幅に削減することが可能です。
  • すでにお持ちの蔵書データをソフテックに送っていただくだけで、インターネットに蔵書を公開できます。一般の利用者の方は、国内外どこからでもインターネットを介して、図書の検索ができます。
  • LibMax以外の図書システムをお使いの場合でも、テキスト出力ができればLibEYEをご利用になれます。LibEYEは、既存のシステム、Microsoft ExcelやAccessとの連携も簡単です。
  • 日々のメンテナンスやサポートも安心。サーバー運用・管理・保守はすべてソフテックにおまかせください。セキュリティ対策も万全なので、安心してご利用になれます。

ASP (Application Service Provider)とは?

インターネットを利用して、ソフトウェアをお客様に提供するサービスのことを差します。 ASPは、企業で保有しているサーバーでソフトウェアを動かし、そのソフトウェアをインターネットを介してお客様にレンタルします。お客様はInternet ExplorerなどのWebブラウザからそのソフトウェアにアクセスして、自分の業務に使用することができます。

導入までの流れ

お客様がサーバーやソフトウェアの設備投資を行う必要はいっさいありません。月々の使用料のみで、弊社の高性能サーバーとソフトウェアをインターネット経由でご利用いただけます。しかも保守費用等のランニングコストもいっさい不要です。インターネットに繋がる環境とパソコンがあれば、すぐにでもご利用いただけます。

LibEYEの機能

代理公開

お客様に代わって、ソフテックのサーバーから蔵書データをインターネットに公開し、外部から図書検索ができるようにします。



KIOSK端末などタッチパネル対応

タッチパネルで蔵書を検索することも可能です。

キーボードの入力が苦手な方でも、簡単に操作することができます。



お知らせ編集などコミュニケーション機能

休館日や長期貸出、話題の本など図書館からのお知らせを自由に編集し情報発信できます。



新着図書の自動表示機能

新着図書を自動的に表示する機能です。表示条件を設定できます。



ブックリスト表示機能

レポートごとのブックリストを作成できます。図書をテーマごとに分類できるので、利用者の方にとって便利で魅力的な目録が作成できます。

  • ブックリスト機能をご利用になる場合は、Lib Maxが必要です。


充実の検索機能

  • 書名・著者名も内容細目から高速部分一致の検索ができます。
  • 全角・カナ・漢字・大小文字も意識せず検索ができます。
  • 検索結果を、書名や著者順などでソートできます。
  • フリーワードで検索できます。
  • 誌の特集記事から検索ができますので、より情報収集に役立ちます。


書評の閲覧

蔵書データに書評を含めれば、検索結果の詳細で書評を見ることができますので、蔵書の紹介に便利です。



配架図の表示

蔵書の詳細表示で配架図も表示することができます。



画面レイアウトのカスタマイズ

画面デザイン、図書館名、検索項目などお客様のお好みにあわせて変更できます。




表示項目名のカスタマイズ

「書名」「著者名」「フリーワード」といった検索項目名を「資料名」などのように自由に変更することができます。



利用者アクセス統計報告(オプション)

アクセス数(トップページ)の集計や、時間別・曜日別・月別・年別の利用統計ができます。