図書管理システム について

システムを使用し、図書館の運営をスムーズに

システムを使用し、図書館の運営をスムーズに

図書館では、たくさんの図書を管理しなくてはいけません。ただ多くの図書を貯蔵しておくだけでなく、利用者がスムーズに目的の図書を探せるようジャンル分けをし、棚に並べる必要もあります。図書の量が多ければ多いほど、管理や図書館の運営は難しくなり、働く職員の負担となります。そんな職員の負担を減らし、図書館の運営をスムーズにしてくれるのが「図書管理システム」です。

図書管理システムとは?

図書管理システムとは?

図書管理システムは、データベースを活用して保有する図書を管理するシステムです。パソコンで情報を管理するので、情報を共有して有効的に活用できます。ソフテックの提供する図書管理システム『LibMax(ライブマックス)』は、使いやすさや業務の効率化を考え、毎年バージョンアップを行っているので、導入後も末長くお使いいただけるシステムです。本格的なクライアントサーバ型の図書管理システムですので、個人情報の保護やセキュリティ対策もでき、安心してご利用いただけます。

システムを導入するとどうなるか?

システムを導入すると、従来手作業で行っていたカード目録の維持管理もデータで行うことになります。データ化することによりバーコードで管理ができ、煩雑だった情報修正や追加を簡単に行えます。さらに、貸出・返却・予約などのカウンター業務もスムーズになり、職員の業務負担軽減につながります。また、リアルタイムで情報が更新されるので、利用者は常に最新の情報を把握できます。図書管理システムを導入することによって、職員・利用者の双方にメリットがあるのです。

ソフテックでは、図書管理システム『LibMax(ライブマックス)』の開発・販売・サポートまで一貫して行っております。データ変換から稼動まで、図書館業務に精通したスタッフがご提案いたしますので、初めてシステムを導入される方も安心してお任せください。導入費用や保守点検費用、カスタマイズ費用削減にも対応できるよう設計・開発されたシステムです。充実した機能と優れた操作性の図書管理システムの導入をご検討中の方は、ソフテックへお気軽にご相談ください。

図書館でのICタグ活用法

ICタグは、小さくても非常にたくさんの情報量を管理することができる製品です。いくつかの種類があり、その中でも電池を搭載しないパッシブタグは様々な分野で活用が進んでいます。では、図書館でのICタグ活用法についてご紹介しましょう。

図書館での活用法とは?

図書館での活用法とは?

近年、図書1冊ずつにICタグを貼って図書管理システムで管理する図書館が増えています。ICタグに登録した登録番号情報をキーとしてデータベースと照合すると、棚の位置や利用状況、予約情報等が確認できます。また、データベースを活用して利用者に図書の人気情報を発信したり、ブックリストを作成して書評を登録することもできます。

ゲートとの連動で無人運用が可能に

ICタグの活用により、積極的に自動貸出機を設置する図書館が増えています。自動貸出機があれば、タッチパネルで簡単に貸出と返却の処理ができます。ICタグとゲートアンテナを導入することで、セルフサービス対応も可能となります。また、ゲートはネットワークカメラやパトランプに連動できます。
ゲートと連動することで不正持出しができなくなり、高額の資料が多い医療・看護系の専門書や文献など資産の管理にもつながります。さらにネットワークカメラと連動させると、万が一不正持出しがあった場合でも、画像として残すことがとできます。
また、ソフテックの 図書管理システム『LibMax』は蔵書の管理だけでなく、ICの利用者カードが活用できます。自動貸出の他にもタッチパネル対応セルフ貸出、ICタグ(RFID)対応など、利用者サービスと管理者の負担軽減に対応できるよう設計されています。図書管理システムの新規導入・他社からの乗り換えをご検討されていましたら、お気軽にご相談ください。

ICタグが活用できる図書管理システムをお探しなら、ソフテックにお任せください。ソフテックは、多くの導入実績があり、優れた操作性と機能性で図書館業務をサポートいたします。また、購入後も手厚いユーザーサポートを行っておりますので、安心して長くお使いいただけます。N分類にも対応しておりますので、図書館だけでなく医療・看護系の専門書や文献などの管理にもご利用いただけます。図書管理で抱える課題解決に、お役立ていただければと思います。

図書館のセキュリティ事情

図書館には様々な分野の図書や資料があり、読書を趣味とする方だけでなく、情報収集のために利用する方も多くいらっしゃいます。そのため、利用者サービスの向上はもちろんですが、管理業務の徹底に努めなければなりません。そこで重要になるのが、セキュリティ対策です。貴重な書籍や資料の紛失事故を防ぐためにも、図書館のセキュリティ事情についてしっかり把握しましょう。

昔の図書館のセキュリティ対策とは?

昔の図書館のセキュリティ対策とは?

昔の図書館は閉架式で管理されていたため、利用者が図書や資料を自由に手にとって閲覧することはできず、貸出システムもなかったので、汚破損や紛失の可能性は低かったのです。そのため、高度なセキュリティ対策は必要なかったでしょう。しかし現在は紛失事故で大きな損失を被っているケースもみられるため、万全なセキュリティ対策を講じる必要があります。

現在の図書館に適切なセキュリティ対策

現在の図書館は開架式が一般的です。閉架式から開架式に変わり、職員の目が届かない場所で図書を破ったり、不正に持ち出すことが可能になってしまいました。そこでセキュリティ対策として導入されたのが、ICタグやゲートアンテナです。ICタグとゲートアンテナを導入することで、不正な持ち出しに対してブザーやパトライトにより警告を促します。また、ゲートアンテナを設置すると見た目でも盗難対策をしているというアピールになり、不正持ち出し抑制につながります。

さらにソフテックの図書管理システム『LibMax』なら、Excel等の外部ソフトで簡単にシステムを開く事ができないようになっており、パソコンのセキュリティ面でも安心してご利用いただけます。バックアップファイルも暗号化されているので、万が一の場合も安心です。 パソコンのファイル共有設定も不要ですので、複数台のパソコンで使用する図書館にもおすすめです。貸出履歴の扱いに、貸出・返却など、各画面ごとに資料情報・利用者情報の表示ON/OFFの設定が可能です。施設の規模や運用にあわせて設定できます。

図書館のセキュリティ対策でお悩みでしたら、ソフテックにお任せください。ソフテックでは、ICタグやゲートアンテナに対応した図書管理システム『LibMax』の販売・開発を行っております。価格安いだけでなく、充実した機能と優れた操作性で、公共図書館や学校公民館や医療機関などの図書館・資料室への導入実績も豊富です。予算に合わせて導入できますので、図書管理システムの新規導入や乗り換えをご検討されていましたらご相談ください。経験豊富なスタッフが、導入後も図書管理システムの活用をお手伝いいたします。

効率の良い図書管理システム

効率の良い図書管理システム

近年、図書管理システムは様々な分野で導入されています。そのため、新規導入や乗り換えをご検討中の管理者もいらっしゃるでしょう。導入を成功させるためには、業務効率化に直結する図書管理システムを選ぶことが大切です。では、効率の良い管理システムとはどのようなものかをご紹介しましょう。

使いやすさ

導入する図書管理システムの使い方が複雑で、使用できる人が限られてしまうようではいけません。操作に時間がかかってしまうものも同様です。誰もが簡単なレクチャーで使用でき、操作にも時間がかからないシステムを選ぶのがポイントです。
ソフテックの 図書管理システム『LibMax』は、多くの司書の方々の意見や要望を取り入れながら共に作り上げてきました。書誌・所蔵・索引などのデータ登録は簡単・スピーディーに、窓口業務ではバーコードを読み取るだけで瞬時に様々な情報確認ができます。

変化するニーズへの対応力

時代の変化と共にニーズも変化していきます。導入後にバージョンアップでき、あらゆるニーズに柔軟に対応できる図書管理システムを選ぶことが大切です。
ソフテックでは、より良い使い勝手を目指して毎年図書管理システム『LibMax』のバージョンアップを行っています。 個人情報保護機能もありますので、セキュリティ対策面でも安全です。

優れた機能性

機能性に優れた図書管理システムを導入すれば、作業時間の短縮にもつながります。ソフテックの図書管理システム『LibMax』なら、今まで手入力していた登録作業も、書誌番号と所蔵登録番号を関連づけてデータ登録・修正・削除ができます。また、新しい図書を登録すると即座に新着案内ができ、利用者に常に新しい情報を提供できます。ソフテックでは、ハンディターミナルのレンタルサービスも実施していますので、経済的負担を軽減して導入できます。

図書管理システムや蔵書検索システムの導入をお考えなら、ソフテックをご検討ください。図書館への導入だけでなく、病院看護学校など専門図書にも対応しております。また、公民館などの小規模な施設もお任せください。規模に合わせた図書管理システムをご提案させていただきます。導入前の 見積りも承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

利用者が図書館に求めるもの

利用者が図書館に求めるもの

図書館運営を成功させるためには、利用者の満足度を上げることが大切です。そのためには、利用者が図書館に何を求めているのかを把握する必要があります。では、利用者が図書館に何を求めているのかを考えていきましょう。

優れた蔵書検索システム

本棚に並んでいるたくさんの蔵書の中から目的の図書を探すのは楽しいものですが、大変な労力を必要とします。目的の図書を見つけるのに手間がかかるようでは、利用者は不便さを感じます。
そんな不便さを解消してくれるのが、 蔵書検索システムです。蔵書検索システムがあれば図書の名前を入力することで、簡単に目的の図書を探し出すことができます。
検索システムは、ひらがな・漢字・カタカナなど対応している文字種が多いことや、「部分一致」「完全一致」など検索機能が多彩であることも求められます。

図書館からのお知らせが見やすい

蔵書検索システムの検索画面に、図書館からのお知らせ機能や予約機能、人気ランキングが表示されれば、利用者は探している情報以外にも多くの情報を得ることができます。その結果、満足度向上にも結びつきます。
しかし、図書館を利用する年齢層は子どもから高齢者まで様々です。ただ情報を表示すればいい訳ではなく、見やすい画面で必要な情報に簡単にたどり着けることが求められます。
そのためには、幅広い人が利用できるようキーボードでの操作ではなく、タッチパネル操作の蔵書検索システムがいいでしょう。

操作性・機能性に優れた蔵書検索システムをお探しなら、ソフテックにお任せください。ソフテックの蔵書検索システム『LibFinder(ライブファインダー)』は、操作しやすいタッチパネル対応で、スマートフォンやタブレット端末からも蔵書検索・予約申し込みが可能です。『LibFinder クラウド』をご利用いただくことでインターネット公開Web公開)でき、Webサーバーの管理業務が不要となります。また導入にかかる 価格や構築期間も短くなります。導入費用や利用料金のお問い合わせも承っておりますので、図書管理システムのクラウド化をお考えなら、お気軽にご相談ください。

図書管理システム導入のメリット

図書管理システム導入のメリット

昨今、多くの図書館で導入されているのが図書管理システムです。図書管理システムを導入することで得られるメリットとは、どのようなものがあるのでしょう。手作業がシステム化されることで得えられるメリットについて紹介しましょう。

貸出・返却にかかる負担軽減

手作業で貸出や返却を行うためには、カウンターでの手続きが必要となります。貸出や返却を希望する人がカウンターに集中すれば待ち時間が発生し、利用者だけでなくスタッフの負担にもなります。
従来のやり取りをシステム化し、バーコードリーダーによる貸出・返却に変更することで、カウンター業務を大幅に短縮し、負担を軽減できます。

貸出カードの管理作業の軽減

従来の貸出カードを使った管理は、カードに日時と借りた人の名前を記入して保管していました。手作業では記入する時間が必要ですし、確認にも時間がかかります。
しかし バーコードで管理することにより貸出カードの記入が不要となり、面倒な貸出カード管理の作業が軽減され、スムーズに貸借できます。

貸出状況が把握しやすい

手作業で行っている時は、貸出状況を瞬時に把握することは不可能でした。
しかし、システム化することによりパソコンでリアルタイムで情報の更新がされ、返却・貸出を瞬時に把握できるようになります。さらに、どんな本がよく借りられているかを簡単に分析・調査・集計できるので、購入時の選書にも役立ちます。

登録作業の効率化が図れる

1冊ずつ手作業で行っていた登録作業も各種MARCを使用することで、ISBNバーコードで検索し所蔵データをダイレクトにダウンロードできます。大量の資料データも素早くデータ入力できますので、1日に200~300件程度の入力が行えます。

小中規模図書館への図書管理システム導入なら、ソフテックにお任せください。公共図書館から医療施設・各種学校・専門図書館や資料室まで幅広く対応しております。現在お使いの図書管理システムからのデータ変換サポートやカスタマイズも行っており、システムの移行や初めての導入で不安な方も安心してお問い合わせください。充実した保守・サポートサービスと毎年のシステム バージョンアップも行っておりますので、導入後も使いやすさと業務の効率化を実感していただけると思います。

図書管理システム選定のポイント

ソフテックでは、図書管理システム『LibMax』の設計・開発から販売・サポートまで自社一貫体制で行っていますので、現状に合った図書管理システムの導入をご検討中の方はお気軽にご相談ください。では、図書管理システムの選定ポイントについていくつかご紹介しましょう。

ニーズを満たす機能の柔軟性

図書館業務全般に対応する各種機能はどの図書管理システムも似たところがありますが、図書館によっては独自の利用方法が想定されるところもあるため、自社ニーズを満たすような高い柔軟性が求められます。
例えば「ある機能の操作中に利用者から問い合わせを受けた際、利用者を待たせることなく必要な画面へ移ることができる」「学校図書館では学生による運用を考慮して、セキュリティによる 個人情報の保護が併用できる」などです。ただ、施設や企業によって最も重要な機能は異なるため、どのような機能が必須なのかを一度洗い出す必要があります。ソフテックでは、経験豊富な専門スタッフが丁寧にサポートいたしますので、まずはお気軽にご相談ください。

将来性を見越したサービス

図書管理システムは、将来パソコンの入れ替えを検討する時のことまで見越して選ぶことが大切です。例えば、OSのバージョンアップに対応していなければ、データが引継げずに面倒な作業が増えたり、余計な費用がかかることも考えられます。今後、必要に応じて随時機能を追加・変更できるかを考慮した上で選定するようにしましょう。MARCデータを持つ図書管理システムを選ぶと、バージョンアップなどの拡張性に幅がでます。ソフテックではその点も充分に考慮しておりますのでご安心ください。

安心のサポート体制

安心のサポート体制

図書管理システムを運用する上で不明な点がでてきたり、不具合などのトラブルが発生した時にシステムに強い人材がいれば心強いのですが、なかなか詳しいところまではわからないという方がほとんどでしょう。そんな時にユーザーサポートがしっかりしていれば安心です。
ソフテックでは、電話・FAX・メールにて各種問い合わせに対応する他、インターネット経由のリモートサポートも行っており、きめ細かいサポートサービスが大変好評をいただいています。

運用にかかる費用

図書管理システムの価格や使い方の説明費用、データ移行にかかる費用なども予算内に納まるよう開発・運用計画を立てましょう。絶対に必要な機能と、なくても問題のない機能の条件設定をしっかり決めてから見積りを依頼します。さらに、毎年発生する保守料金やバージョンアップの予算など、運用にかかる費用も考慮してください。ソフテックでは、単年度予算での導入が難しい場合の分割導入も可能ですので、まずはご相談ください。予算に合わせて段階的な導入も承ります。

ソフテックの図書管理システム『LibMax』は、全国1,600以上の学校・企業さまへの導入実績を誇る図書管理システムです。公民館などの小規模な施設から、病院看護学校のN分類にも対応していますので、乗り換えや新たに図書管理システム導入をお考えでしたら、ぜひソフテックへお申し付けください。

図書館の規模にマッチした図書管理システムを使用しているか

図書館と一口で言っても十館十色で、その規模も予算も運営形態も様々です。同様に図書管理システムも数多くの種類があり、どれが自分たちの施設にマッチするのか、判断も難しいところでしょう。以下のポイントに着目してみましょう。

保守費用は高額になっていませんか?

保守費用は高額になっていませんか?

保守費用は一種の保険のようなものであり、トラブルが一切発生しなくても必要になる費用です。システムの導入前には十分なテストを行い、「マニュアルがあるから大丈夫」と思われる方も多いですが、いざシステムを稼動してみると細かい操作方法や仕様についての調査依頼など様々な問い合わせがあります。保守費用は作業内容に応じてプラスになっていくため、負担にならない価格設定でなくてはいけません。特に学校や中小公共図書館、企業資料室などの小規模な図書館では、経費削減が大きな課題であるため、規模にマッチした図書管理システムを選ぶことが必須です。

ソフテックが提供する図書管理システム『LibMax』は、こうした状況にも充分対応できるよう設計・開発した、20万冊程度までの小規模向け図書管理システムです。保守費用を抑えたい、現在使用しているシステムの保守費用が高額で悩んでいる・・・という方は、ぜひ一度ご相談ください。

ムダな機能が多く、業務が煩雑になっていませんか?

利用料金の安さで選んだ図書管理システムでは、自分たちが必要とする機能以外にも多くの機能があり、それが原因で業務が煩雑になっている・・・というケースも珍しくありません。
ムダな機能ばかりでは作業効率が下がり、その分ヒューマンエラーを招くリスクが高まります。ある程度図書館の規模に合わせて図書管理システムを選んだ後は、本当に必要とする機能に特化しているかどうかを確認しましょう。ニーズに合わせて開発・カスタマイズができる柔軟性のある図書管理システムを選ぶと、操作性もシンプルでわかりやすくなり、他スタッフへの操作指導や引継ぎもスムーズです。

専任者しか使いこなせないシステムになっていませんか?

高校図書館・専門学校図書館・中小公共図書館・企業資料室などには専任の司書が在籍していますが、学校図書館に勤めていると異動も多く、新しい担当者になるとシステムの引継ぎが充分ではないこともあります。学校では生徒も使用しますし、他にもパート契約のスタッフや企業においては担当者が兼任している場合も多いため、全員が使いこなせるシステムでなければ意味がありません。
貸出・返却・ 蔵書検索といった窓口業務はもちろん、図書の受け入れや除籍、蔵書検索といった作業も行いやすく、機能的にも満たされているシステムを選ぶことが大切です。
ソフテックの図書管理システム『LibMax』は、その点でも大いに評価をいただいている図書管理システムです。実際に多くの司書の方々の意見・要望を取り入れ、毎年バージョンアップを重ねながら、使いやすさと業務の効率化、そして利用者サービスの向上を目指しています。

使用する図書管理システムの機能面や費用面に妥協したくはないですよね? それならば、ソフテックが提供する図書管理システム『LibMax(ライブマックス)』の導入をおすすめいたします。オプションで蔵書データをインターネット公開できる蔵書検索システム『LibFinder(ライブファインダー)』もご用意しておりますので、図書管理システムのクラウド化をご検討中でしたら、お気軽にお問い合わせください。

まずはお気軽にお問い合わせください!

お問い合わせ・
資料請求フォーム
〜24時間受付〜
011-669-3007
平日10:00〜12:00/13:00〜17:00
(土日祝・年末年始を除く)
ご契約者向けサイト
ページの先頭へ
ページの先頭へ