図書管理システム
ライブマックス®

学校図書室・専門学校図書室

高等学校図書館おける導入シェア全国1 位( ライブラリー・リソース・ガイ ド2013 年冬号「特集 図書館システムの現在」より)
蔵書検索機能や新着図書の紹介、おすすめ図書や課題図書なども簡単に情報発信できます。

簡単操作の資料登録

請求記号整形機能、初期値設定機能で、資料登録業務を大幅に省力化します。

操作性に優れた登録画面で、簡単に書誌データを入力

各種MARCからダイレクトに資料を検索し、書誌データとしてLibMaxに登録することができます。

ブックリスト機能

テーマ別にピックアップした図書をグループ化。調べ学習や課題図書などに役立つほか、授業との連携も図れます。

専門図書室

一般の書籍だけではなく、資料の管理、データ整備が可能です。貸出管理を行うことで資料の所在を明確にし、情報資産を有効に活用できます。

操作性に優れた登録画面で、簡単に書誌データを入力

各種MARCからダイレクトに資料を検索し、書誌データとしてLibMaxに登録することができます。

セルフ貸出オプションでカウンター業務の無人化も可能

貸出、返却処理にかかる作業時間を短縮し、カウンター業務を省力化できます。

IC対応ゲートアンテナ

貸出、返却処理にかかる作業時間を短縮し、カウンター業務を省力化できます。

公共図書館

20 万札程度までの中小規模図書館に特化したシステムです。公共図書館に求められるOPAC、分館や移動図書館、学校連携まで凝縮した機能で高い費用対効果を実現します。

他館との相互貸借が可能

借り受けた他館の図書に貼られているバーコードをそのまま使って、貸出・返却ができます。

学校連携対応

図書館と学校での相互貸借ができます。 図書館と連携することで、学校図書室の事務処理の負担軽減と活性化が可能です。

移動図書館対応

貸出/返却はもちろんのこと、利用者登録・予約受付・蔵書検索など本館同様の業務ができます。

企業図書室

図書はもちろん、社史や技術・研究資料などの管理。資料の所在の共有ができるため、本支店間・部署間での有効活用ができます。

セルフ貸出オプションでカウンター業務の無人化も可能

貸出、返却処理にかかる作業時間を短縮し、カウンター業務を省力化できます。

情報資産の有効活用

図書はもちろん、社史や技術・研究資料などの管理。資料の所在が共有できるため、有効活用できます。

IC対応ゲートアンテナ

ICタグ・ゲートアンテナの採用により、貴重な資料の紛失を防ぐことができます。

医療系機関

医療従事者向けの図書室での管理に。IC タグ・ゲートアンテナの採用により、貴重な資料の紛失を防ぐことができます。

医学分類の入力に対応

「日本看護協会看護学図書分類」に対応していますので、医学分野の蔵書・貸出統計の出力が可能です。

操作性に優れた登録画面で、簡単に書誌データを入力

各種MARCからダイレクトに資料を検索し、書誌データとしてLibMaxに登録することができます。

セルフ貸出オプションで無人運営も可能

貸出、返却処理にかかる作業時間を短縮し、カウンター業務を省力化できます。

大学・短大図書室

NACSIS 対応にも対応。図書館とは別に設置されている研究室や、資料室にも導入可能です。

NACSIS-CAT/ILL対応

学習・研究に必要な情報を全国規模のデータベースから検索することができます。

MARCの利用で簡単に入力、所蔵DMで簡単に確認・調整

各種MARCからダイレクトに資料を検索し、書誌データとしてLibMaxに登録することができます。

IC対応ゲートアンテナ

ICタグ・ゲートアンテナの採用により、貴重な資料の紛失を防ぐことができます。

ライブマックス

LibMaxは、品質、サービス、価格がベストバランスの図書管理システムです。現場目線の使いやすさにこだわり図書館業務の効率化をアシストします。スタンドアロンからイントラネット、さらにクラウドまで対応可能です。

目録業務

LibMaxの目録業務は、各種MARCからダイレクトに書誌データを登録できるMARCデータ編集、各種統計出力、除籍、蔵書点検処理など豊富な機能を備えています。図書館業務には欠かせない作業を、効率よくこなすことができます。

目録業務の特徴

  • 件名やヨミなど、検索するためのキーワードを複数図書に一括で登録できます。
  • 書評やコメントを登録し、利用者検索画面に表示できます。
  • 登録時にISBNの自動チェックで複本管理ができます。
  • セットものは複写機能で簡単に登録できます。
  • 受入価格は消費税や割引などを自動計算しながら入力できます。
  • 入力はカード型形式,確認作業は一覧表示で利便性に優れています。
  • 相互貸借機能は、他館から借り受けた資料バーコードをそのまま使用できます。

書誌構造

可変長構造は各種マークに対応し、大量の書誌データを画像と共に入力可能です。検索キーワード登録に件数制限はなく全集等の書名・著者や件名の追加も自由自在ですからOPACによる検索で威力を発揮します。

複本管理

複本管理は書誌データに対しローカルデータを追加します。冊数管理はもちろん、書誌予約方式で貸出中のどの本が返却になっても通知されます。ベストリーディングも書誌単位で正確な集計が出来ます。

管理分析機能

豊富なローカルデータ項目は、費目別統計から分類別貸出統計まで完全にサポートします。蔵書点検から、不明図書一覧・除籍・廃棄図書一覧表などの管理帳表も充実しています。

各種機能

書誌編集

書誌番号と所蔵登録番号を関連づけてデータの追加・修正・削除をします。 可変長構造ですから、長い書名や多くの内容細目まで全てを収納可能です。しかも書名・著者・件名キーワード数に制限がなく何十件でも登録できます。

所蔵編集

登録番号をベースに、ローカルデータを追加・編集します。

雑誌編集

逐次刊行物専用のインタフェースで管理します。雑誌コードを読込むだけで簡単に登録できるほか、雑誌コードのない専門資料などにも対応できます。特集記事や目次の登録もできます。

MARCデータ編集

Tooli/Tooli-s、J-BISC、日書連、大阪屋MARC、トーハン抽出マーク、国立国会図書館サーチ(DC-NDL)等を取込んで効率的にデータを作成できます。

バーコード印刷

登録番号などの範囲を指定しての一括印刷と、貼り間違いなどでの個別指定印刷ができます。また、書名印刷、分類番号順印刷や図書ラベルとの同時印刷も可能です。

ブックリスト編集

テーマに沿った図書のグループ化をバーコードの読取で簡単にできます。特定分野の独自のリストを作成できるので効果的に情報発信ができます。

蔵書目録

書名・著者・分類目録の3種類が印刷できます。

蔵書原簿

予算(費目)区分や蔵書区分範囲を指定して細かな条件で印刷可能です。

新着図書リスト

新着図書は,受入日範囲指定と蔵書区分を指定して印刷します。また、書評も印刷できますので魅力的なリスト作成に役立ちます。

蔵書統計

予算(費目)別と蔵書区分別の2種類の統計がありいずれも分類別に冊数・金額・構成比が把握できます。

予算残高集計

年度内の予算残高を一目で把握できます。

受入先別蔵書リスト/費目別蔵書リスト

受入先別/費目別のリストと金額集計をします。 寄贈者などの氏名が受入備考に入力されていれば受入備考を指定し部分一致抽出も可能です。

月別蔵書冊数集計

マスタ区分ごとの冊数を把握できるので、各種統計との整合性のチェック等が簡単にできます。登録番号範囲からでも年間受入冊数など全体の集計を確認することができます。

ブックリスト編集

蔵書をテーマごとに検索・紹介することができ、テーマごとの貸出統計もできます。調べ学習や課題図書などに役立つほか、授業との連携も図れます。

所蔵データメンテナンス

所蔵データをまとめて変更することができます。項目の入力忘れや特定の所蔵データの変更などに便利です。 寄贈者などの氏名が受入備考に入力されていれば受入備考を指定し部分一致抽出も可能です。

蔵書点検(外部プログラム)

バーコードリーダーやハンディターミナルのレンタルで蔵書点検のためのデータ収集ができます。収集したデータは蔵書点検処理でスピーディに処理されます。

利用者管理

利用者データはID管理され、入学から卒業までを同一番号で処理します。 前年度貸出データも新年度に自動繰越しされるので、春休みの貸出も通常通り行うことが可能なほか、年度更新時にファイル入出力機能を使用すれば面倒な生徒番号入替え作業を一括で処理することができます。
  • ※Windowsは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標です。

窓口業務

パソコンに不慣れな方でも、簡単に操作できるようバーコードによる処理が行えます。「フルコントロール」「カウンター」「OPAC」の3つの操作モードの他、プライバシー保護の機能も備わっていますので個人情報を安全に扱うことができます。

窓口業務の特徴

  • 貸出時に利用者への警告情報、貸出本の付随情報が表示されます。
  • 利用者の画像表示やメッセージ表示ができます。
  • 継続回数が設定できます。
  • 予約図書の貸出しも自動処理されます。
  • 又貸しデータの自動チェック機能で、返却処理されてない本でも貸出し可能です。
  • 個別の貸出し日数変更に対応しています。
  • 所蔵データのコメント登録。
  • 長期休暇にあわせて臨時返却期限日を設定し、長期貸出することができます。

豊富なチェック機能

延滞中や、貸出冊数オーバーなど分かりやすく状況を表示します。

臨時返却日設定

生徒は長期貸出、職員は通常貸出など、利用者区分ごとに返却日を設定できます。

通知メッセージ機能

事前に登録しておいた利用者へのメッセージを貸出時に表示されます。

各種機能

プライバシー保護対策

プライバシー保護を設定することで、利用者情報や貸出履歴の書名を非表示にできます。

付録チェック機能

付録がある資料を貸出する場合、メッセージを表示しお知らせします。

相互貸借機能

他館から借受けた資料のバーコードをそのまま使用して、相互貸借が可能です。

長期貸出対応

生徒は長期貸出、職員は通常貸出など、利用者区分ごとに返却日を設定できます。

館内閲覧対応

図書を帯出せずに閲覧する処理(館内閲覧処理)ができます。館内閲覧された図書や、その利用者、返却されたかどうかの管理ができます。

来館者カウント機能

ボタンをクリックするだけの簡単操作で来館者をカウントすることができます。

返却期限個別対応機能

貸出画面で利用者ごとに返却期限日を個別に指定できます。

延滞者ペナルティ設定

延滞した利用者への貸出停止を行うか設定できます。

利用者・書誌情報詳細表示

貸出画面から利用者詳細画面、書誌詳細画面をワンクリックで表示させることができます。

動作条件

対応OS Windows10
(32bit/64bit)
Windows8.1
(32bit/64bit)
Windows7
SP1 以上

(32bit/64bit)
Windows 2016
Windows 2012/2012R2
Windows 2008/2008R2
Linux
(CentOS 6.0以上
Red Hat 9)
エディション(推奨) Professional Professional Professional Standard Standard
Foundation
Standard
メモリ(推奨) 4GB以上 4GB以上 4GB以上 8GB以上 4GB以上 4GB以上
ディスプレイ 1366×768 以上解像度必須(小さいフォントで使用)
ハードディスク 1GB以上の空容量
管理蔵書数及び利用者数は,ハードディスク容量に依存します。
(10,000冊/100MB)
プリンター Windows 対応レーザープリンタ(A4以上)
バーコード印刷時はレーザプリンタが必須
バーコード
リーダー
NW7,CODE39が読取り可能な60mm幅以上の機種
USBインターフェイス機種推奨
※RS232C接続では別途通信ソフトが必要な場合があります。
ネットワーク クライアントサーバ、TCP/IP プロトコルが必須

機能概要

帳 票

  • 各種貸出統計(分類別、利用者別)
  • 各種蔵書統計
  • ファイル出力機能

検索機能

  • 部分、前方、完全一致検索
  • 検索結果印刷、ファイル出力
  • AND、OR検索対応
  • 著者、書名等ソート機能
  • 返却予定日表示
  • ブックリスト表示機能

データ管理

  • インポートエクスポート対応
  • バックアップ機能
  • 定期バックアップチェック機能

利用者管理

  • EXCELファイル対応入出力機能
  • 一括修正機能

蔵書点検

  • ハンディターミナルレンタル
  • 件数表示機能
  • 配架場所変更機能
  • 自動返却機能

環境設定

  • 各種バーコード印刷設定
  • 著者記号変換機能
  • 分類桁設定
  • 権限別パスワード設定

窓口業務

  • 貸出、返却、予約処理
  • プライバシー保護対策
  • 付録チェック機能
  • 利用者範囲指定督促
  • 予約資料通知機能
  • 相互貸借対応
  • 団体貸出
  • 資料、利用者区分別貸出条件設定
  • 督促、予約通知文登録
  • 長期貸出対応
  • 予約図書対象督促処理
  • 開館カレンダー対応
  • 館内閲覧対応
  • 利用者通知メッセージ
  • 返却期限個別対応機能
  • 延滞者ペナルティ設定
  • 警告音カスタマイズ機能
  • 来館者カウント機能
  • 所蔵データコメント表示機能
  • 利用者・書誌情報詳細表示

目録業務

  • 件名、キーワード一括付与機能
  • 書評・特集記事登録
  • 雑誌巻号管理機能
  • データ一括修正機能
  • 雑誌コード読取入力対応
  • 各種マーク対応(TRC、日書連、国立国会図書館など)
  • 図書館名入バーコード印刷
  • 複本管理機能
  • 不明回数指定除籍処理
  • 資料区分指定新着案内
  • 消費税、割引自動計算
  • ブックリスト作成
  • 書影表示機能
  • 索引取得機能
  • 図書、バーコード、セットラベル用紙対応
  • 多言語対応N分類対応

オプション一覧

  • 自動貸出返却装置対応
  • ICタグ対応
  • セルフ貸出返却モード
  • リライトカード対応
  • メール送信(貸出・予約・督促)
  • 移動図書館対応
  • ファイルリンク機能
  • 視聴覚管理機能

帳票サンプル

Lib Maxの多くの出力帳票から一部をPDFでご紹介いたします。
全ての帳票は,テキストファイルやExcelファイルに出力できますので,加工もメール送信も思いのままです。

主な帳票

窓口業務セルフサービス対応オプション

ソフテックの図書自動貸出・返却システムは、簡単な操作でスピーディにカウンター業務のセルフサービスが行えます。ICタグとゲートアンテナの採用により無人運営も可能です。

ICタグ対応で同時読取

  • 利用者カードや社員証と図書を同時に読取ることができ、効率的な処理を可能にします。
  • 非接触で複数の図書も一度で貸出返却を実行できます。

タッチパネルに対応

画面にしたがってボタンにタッチするだけですので、使いやすく操作が簡単です。

バーコードにも対応

ICタグのみではなくバーコード読取もできますので、バーコードリーダーの設置で簡単にセルフサービスが行えます。

ゲートアンテナの採用(ICタグ)

ゲートにより不正な持ち出しを未然に防ぐことができます。

蔵書点検(ICタグ)

アンテナをかざすだけの点検作業ですから、飛躍的に効率がアップします。

蔵書点検 ハンディターミナル

Lib Maxとハンディターミナルの組み合わせで、とても簡単・短期間で正確な点検を行うことができます。
ハンディターミナルを使用すると、1人で1日約5,000冊の点検が行えます。

ハンディターミナル利用のメリット

  • 場所毎の点検で、書庫などの配架場所の自動更新が可能。
  • 図書の不明回数を自動記録。
ページの先頭へ
ページの先頭へ