独立行政法人国立病院機構 北海道医療センター附属札幌看護学校さま

独立行政法人国立病院機構 北海道医療センター附属札幌看護学校さま

看護師を目指す学生の学習をサポート

↑自動貸出返却装置
タッチパネルの簡単な操作で本の貸出・返却ができ、図書カウンターにスタッフが不在のときも安心です。
↑蔵書の検索は館内に設置されたiPadを利用。「迷うことなく検索できる」と好評です。

北海道医療センター附属札幌看護学校は、札幌市内の国立病院附属の看護学校3校が統合し、2003年度に開校した定員240名の大型校です。
最新の学習設備を整えた学校で看護師を目指す学生たちが日々学習に励んでいます。
校内にある図書館には、医療専門書が幅広くそろい、自動スライド式の大型書架や明るい閲覧室なども整備され、多くの学生が利用しています。日々課題やレポートなどに取り組む在校生はもちろん、卒業生が利用することもあります。
この図書館では、開校と同時にライブマックスとライブファインダー、住友スリーエム株式会社製の自動貸出返却装置を導入しています。
これらを連動して使用することで、より使いやすい図書館が実現されています。

導入して驚いた、効率の良さと手厚いサポート

↑明るくゆったりとした図書館は、看護を学ぶ志の高い学生たちの心強い味方です。

図書館のシステム導入から10年を過ぎた2014年春、自動貸出返却装置の更新と、ライブマックス・ライブファインダーのバージョンアップを行いました。操作方法に不明な点があるときは、メールや電話で問い合わせをしてすばやく解決。一新したシステムにより、図書館スタッフ、利用学生ともに快適に図書館を利用しています。

札幌看護学校では、これからもさらに看護関係の専門書の充実を図るとともに、学生たちの利用率の高い図書を更に購入していく予定です。

まずはお気軽にお問い合わせください!

お問い合わせ・
資料請求フォーム
〜24時間受付〜
011-669-3007
平日10:00〜12:00/13:00〜17:00
(土日祝・年末年始を除く)
ご契約者向けサイト
ページの先頭へ
ページの先頭へ